Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
イタリア料理

バーニャカウダの意味とは?発祥は英語・フランス語どっち?風呂との関係は?

バーニャカウダの意味とは?発祥は英語・フランス語どっち?風呂との関係は?
 

バーニャカウダの意味とは?発祥は英語・フランス語どっち?風呂との関係は?最近は、おしゃれな名前の食べ物がたくさんあります。でもバーニャカウダの意味をご存知ですか?発祥は英語・フランス語どっちなのでしょうか?また、風呂と関係もあるらしい…?今回はそんなバーニャカウダを紹介!

ぬまくん
ぬまくん
くろちゃん、バーニャカウダって知ってるわん?食べたことある?ぼくは野菜好きだし、なんだかおしゃれだからよく食べるんだけど、バーニャカウダの意味って何なんだろう?好きなのに意味を知らないって失礼だわん。ちゃんと知りたいわん!
くろちゃん
くろちゃん
あたしもバーニャカウダ好きだけど、詳しく知らないにゃん。一緒に勉強して、もっと美味しくバーニャカウダ食べられるようにしようにゃん!
あわせて読みたい
プロシュートの意味とは?ピザに使われる?ハムや生ハムとの違いも!
プロシュートの意味とは?ピザに使われる?ハムや生ハムとの違いも!プロシュートの意味とは?ピザに使われる?ハムや生ハムとの違いも!プロシュートの意味は何?プロシュートはピザに使われてるの?今さら聞けない...
あわせて読みたい
ストロガノフの意味とは?英語表記や作り方を解説!シチューとの違いは何?
ストロガノフの意味とは?英語表記や作り方を解説!シチューとの違いは何?ストロガノフの意味とは?英語表記や作り方を解説!シチューとの違いは何?ストロガノフと聞いて何を思い浮かべますか?ビーフストロガノフだと耳...

バーニャカウダの意味とは?

バーニャカウダの意味とは?発祥は英語・フランス語どっち?風呂との関係は?

バーニャカウダとはイタリアの北部、ピエモンテ州の代表的な冬の郷土料理です。

バーニャカウダは柔らかく火を通したにんにくをアンチョビと一緒にすりつぶし、「フォイョ」と呼ばれる陶器の小鍋をテーブルに置き、オリーブオイルで煮たソースににんにくとアンチョビを入れてキャンドルの火で温めながら野菜などをつけて食べます。

チーズフォンデュを想像してもらうとわかりやすいです(^^)

日本ではコクをプラスするために生クリームを加えたり、味噌・ごま・マヨネーズを混ぜるなど、たくさんのアレンジがあります。

ぜひ美味しい食べ方を探してみて下さいね(^o^)

バーニャカウダの意味は…?

バーニャカウダのバーニャは「ソース」、カウダは「熱い」という意味です。

先ほども言った通り、小鍋で温められた熱々のソースをディップしながら食べます。

通常は温かいソースを野菜につけて食べますが、焼いた魚・肉・茹でた肉などにつけても美味しいです(^^)

最近では、市販のバーニャカウダソースもたくさん販売されています!お家で手軽にバーニャカウダを楽しむことができますね♪

バーニャカウダの発祥は英語?フランス語?

バーニャカウダの意味とは?発祥は英語・フランス語どっち?風呂との関係は?

上でも説明した通り、バーニャカウダ(Bagna Cauda)はイタリアの北部、ピエモンテ州の代表的な郷土料理です!

そのため、バーニャカウダはイタリア語です(^^)

バーニャカウダは、イタリアピエモンテ州の方言(ピエモンテ語)扱いとなります。詳しい意味は、次のお風呂との関係のところで説明していきますね。

ちなみ英語・フランス語ともにバーニャカウダと呼びますが、それぞれ発音が異なります。

バーニャカウダと風呂の関係は?

バーニャカウダの意味とは?発祥は英語・フランス語どっち?風呂との関係は?

バーニャカウダは「温かいお風呂」と訳されていることがあります。

バーニャ(bagna)とは「お風呂」ではなく発祥地であるピエモンテ州の方言で「ソース」を意味します。

カウダ(cauda)とは、ピエモンテ州の方言で「温かい」を意味します。

バーニョ(浴室)やバニャーレ(お風呂に入る)という言葉と似ているため、「温かいお風呂」と訳され、勘違いされてしまうこともあります。

ちなみに風呂は、日本とは違いユニットバスが主流のイタリアでは、トイレを表す単語でもあります。それが食べ物の名前になるってありえないですよね…!

バーニャカウダは温かいソースを使用することを言いますが、冷たいソースを使用する場合は、バーニャフレッダまたはバーニャフレイダ(Bagna Freida)と言います。

フレイダはピエモンテ語で「冷たい」を意味します。

日本でも方言が関係していると、同じ言葉でも意味が違うこともありますよね!海外でもその土地の方言って存在するんですね!

方言って自分が想像もしない意味があったりして、面白いですね(^^)

 

▼たった2か月であなたの料理上達にコミット!意外と安い!▼

この本では野菜のチカラに満ちあふれた200品を、6人のシェフに披露していただきます。ヘルシーなだけではない、五感を刺激するサプライズな一皿。そんなものを家庭で作ってみませんか?安くはないですが・・・(笑)

▼ぜひご一読を!▼

ぬまくん
ぬまくん
バーニャカウダを温かいお風呂って、食べ物じゃないわん!方言って面白いわん。野菜以外にお肉とかをつけることもあるんだね!おいしそうだからぜひ食べてみたいわん!
くろちゃん
くろちゃん
バーニャカウダの言葉の意味をちゃんと知れたにゃん!お魚もつけて食べてみたいにゃん。ぬまくん、さっそくバーニャカウダを食べに行こうにゃん♪
あわせて読みたい
ポルケッタの意味・由来とは?発祥はイタリア語?どんな料理なのか調査!
ポルケッタの意味・由来とは?発祥はイタリア語?どんな料理なのか調査!ポルケッタの意味・由来とは?発祥はイタリア語?どんな料理なのか調査!ポルケッタとは何のことだか知っていますか?ポルケッタの意味や由来は何...
あわせて読みたい
スフレの意味とは?英語・フランス語どっち?パンケーキとは違うの?
スフレの意味とは?英語・フランス語どっち?パンケーキとは違うの?スフレの意味とは?英語・フランス語どっち?パンケーキとは違うの?口の中で溶けてしまうスフレ、美味しいですよね。このスフレって言葉、英語と...