Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
故事成語辞典

推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!

推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!
 

推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!故事成語なの?推敲の意味は「文章を何度も練り直すこと」!?「敲」の漢字の意味って?推敲の由来(成り立ち)は中国の逸話!?推敲は故事成語なの?推敲の類語はたくさんある!?推敲の使い方を例文で超分かりやすく紹介します!

 

ぬまくん
ぬまくん
ぼくは昨日、晴れ快晴だったからお散歩に行ってきたんだわん!友達親友の悩みを聞いてあげたんだわん!
くろちゃん
くろちゃん
ぬまくんの吹き出しが「推敲」したままになってるにゃん…ちゃんと清書するにゃん…今日は、「推敲」について説明するにゃん♪

推敲の意味とは?

推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!

「よく推敲してから提出してください」と言われたことはありませんか?

適当に書いて出来上がりではなく、一番良い状態にして提出したいですね。

 

今日は、「推敲」について解説していきましょうo(^^)o

 

推敲とは?

文章を何度も練り直して、良いものにすること。

 

推敲は、詩や文章を良くしようと何度も考えて、作り直すことです。

「よく推敲してね」と言われた場合、「より良い表現に直してきてね」ということになりますね。

 

ぬまくん
ぬまくん
推敲の「敲」って、どういう意味なのかわん?
くろちゃん
くろちゃん
「敲」は訓読みで「たたく・たたき・むち」なんだにゃん!手で叩くことや、包丁で叩くようにして切り刻むことだにゃん!

推敲の由来とは?故事成語なの?

推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!

推敲は、昔の中国の国である「唐」の詩人・賈島(かとう)のエピソードが由来です。

 

推敲の由来(成り立ち)

唐の時代、賈島は都の長安に科挙(官吏の登用試験)に行く道中に、乗っているロバの上で詩を作っていました。

途中で「僧は推す(おす)月下の門」という一句を詠んでから、「僧は敲く(たたく)月下の門」にすべきかどうか迷ってしまいました。

 

賈島はあまりにも悩んでしまい、手で門を推す真似をしたり、叩く真似をしたりしましたが、どうしても決められません。

とうとう、考え込みすぎて漢詩の大家である韓愈(かんゆ)の行列に突っ込んでしまい、賈島は捕まってしまいました。

 

この経緯を話したところ、韓愈は非礼を怒るどころか「敲くの方が、月下に音を響かせる風情があって良い」と教えてくれたのです。

こうして、賈島は「敲く」の字に決めることができました。

 

このことから、「文章を十分に吟味して練り上げること」を推敲と言うようになりました。

ちなみにこの逸話は、「唐詩紀事賈島」という漢文の書物が出典です。

 

くろちゃん
くろちゃん
故事成語は、昔の中国で起こった出来事から生まれた教訓のことだから、「推敲」は故事成語ってことになるにゃん!
ぬまくん
ぬまくん
矛盾とか漁夫の利とか、故事成語はいっぱいあるわん!

推敲の類語は?

推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!

推敲の類語はあるのでしょうか?

調べてみました(o^^o)

 

推敲の類語

改稿(かいこう):原稿を書きなおすこと

改訂(かいてい):文章の内容を改め直すこと

加筆(かひつ):文章や絵に手を入れて直すこと

研磨(けんま):知識をより高度にするために努力すること

校閲(こうえつ):文章・原稿の誤りを調べること

校正(こうせい):文章を原稿と比べて、誤りを正すこと

修正(しゅうせい):よくない点を改めること

精査(せいさ):詳しく調べること

訂正(ていせい):誤りを正しく直すこと

添削(てんさく):文章や答案を削ったり加えたりして、よりよくすること

チェック(check):書類を照合すること

リライト(rewrite):文章を書き直すこと

 

推敲は、文章の漢字や表現などを何度も読み直して良くしていくことです。

それに対して校正は、文章の誤字脱字を見つけて修正していく作業になります。

類語はちょっとずつニュアンスが異なるので、使い分けができるといいですね(*´∇`*)

推敲の使い方を例文で超分かりやすく紹介!

推敲の意味/由来とは?類語と使い方を例文で超分かりやすく紹介!

推敲は、名詞として「推敲」と使う場合と、動詞として「推敲する」と使う場合があります。

それでは、推敲の使い方を例文で超わかりやすく紹介していきます(o^^o)

 

推敲の例文

「読書感想文の推敲を重ねた結果、賞を取ることができた」

「何度も推敲して記事を書きあげた」

「その原稿は今、先生が推敲中です」

「小説が完成したと思っていたが、推敲したらさらに良い表現が見つかった」

推敲推敲を重ねて、詩を書いた」

「もう少し推敲してからメールを送ろう」

推敲力が足りないので、よい言葉が見つからない」

 

推敲について、いかがでしたか?

推敲力を身につけて、よい文章を書きましょう!

 

ぬまくん
ぬまくん
これからはよく推敲してから話すようにするわん…
くろちゃん
くろちゃん
二人で推敲力を上げていくにゃん♪
あわせて読みたい
校正の意味とは?推敲との違いは何?校正記号や使い方も調査!
校正の意味とは?推敲との違いは何?校正記号や使い方も調査!校正の意味とは?推敲との違いは何?校正記号や使い方も調査!みなさんは校正ときいてどのようなことをイメージしますか?この校正という意味は改...
あわせて読みたい
ブラッシュアップの意味とは?ビジネス用語で元は英語?使い方(例文)も!
ブラッシュアップの意味とは?ビジネス用語で元は英語?使い方(例文)も!ブラッシュアップの意味とは?ビジネス用語で元は英語?使い方(例文)も!ブラッシュアップの意味って?ブラッシュアップは英語が元?ブラッシュ...