Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
音楽記号

コーダ(coda)の音楽記号の意味とは?発祥はイタリア語・スペイン語どっち?

 

コーダ(coda)の音楽記号の意味とは?発祥はイタリア語・スペイン語どっち?音楽記号「コーダ(coda)」の意味をご存じですか?楽譜のどんな時に出てくるのか、発症はイタリア語とスペイン語どっちなのでしょうか?今日は音楽記号「コーダ(coda)」について分かりやすく解説しますよ!

ぬまくん
ぬまくん
くろちゃん、コーダ(coda)って何??どんな時に使うの?音楽記号ってたくさんあって難しいわん!教えてほしいわん!
くろちゃん
くろちゃん
ぬまくん楽譜が読めるようになりたいんだね!教えてあげるにゃん!
あわせて読みたい
andante(アンダンテ)の意味は?発祥はイタリア語?どんなテンポ?andante(アンダンテ)の意味は?発祥はイタリア語?どんなテンポ?ピアノ楽譜でよく見るアンダンテってどんな速さ?同じアンダンテでも曲...
あわせて読みたい
リタルダンドの意味とは?表記はrit(リット)?ラレンタンドとの違いは何?
カンタービレの意味とは?発祥は英語・イタリア語どっち?音楽用語を調査!カンタービレの意味とは?発祥は英語・イタリア語どっち?音楽用語を調査!音楽の授業でカンタービレって聞いたことあるけど、一体その言葉の発祥...

コーダ(coda)の音楽記号はどんなことを意味している?

コーダ(coda)の音楽記号の意味とは?発祥はイタリア語・スペイン語どっち?

コーダ(coda)とは、「結尾」つまり楽曲の曲結部分(エンディング)に向かうことを意味しています。コーダ(coda)の優先順位は一番低く、すべての記号を演奏し終えてからこの記号に飛びます。

ちなみにこんなマークです!

コーダ(coda)の音楽記号の意味とは?発祥はイタリア語・スペイン語どっち?

[引用]ウィキペディア「コーダ (音楽) 」

 

トゥ・コーダ(to coda)とセットになっている場合もあり、先にトゥ・コーダの記号、続いてコーダの記号があったら「トゥ・コーダからコーダに飛ぶ」という意味になります。

通常、ダルセーニョ(D.S.)またはダカーボ(D.C.)で反復しているときにコーダ記号があったら、それ以降にあるコーダ記号に飛ぶことを意味しています。

コーダ(coda)は反復記号と呼ばれ、いくつかの記号とともにセットで使われています。反復記号とは演奏順序を表すときに用います。

一緒に使われる記号は、リピートセーニョダルセーニョ(D.S.)ダカーボ(D.C.)フィーネ(Fine)などがあります。

それぞれの意味もわかると楽譜がスムーズに読めるので、一緒に紹介します!

●リピート 基本的に対になっている記号です。譜面ではよくつかわれる繰り返し記号になります。
●セーニョとダルセーニョ(D.S.) ダルセーニョ(D.S.)は「記号のところから」という意味があります。楽譜では最初にセーニョマークが出てきますが、それは無視しダルセーニョ(D.S.)が出てきたらセーニョマークに戻り、再度そこから演奏することを意味しています。ダルセーニョ(D.S.)の出てくる譜面では通常コーダ(coda)とともに使われます。
●ダカーボ(D.C.) 「最初に戻る」という意味になります。ダカーボ(D.C.)が出てきたら1小節目に戻ります。
●フィーネ(Fine) 終了記号です。ダルセーニョ(D.S.)またはダカーボ(D.C.)で戻ったあとここで終わります。
●ダカーボ・アル・コーダ(D.C. al Coda) 「曲頭に戻った後は、コーダに進んで終わってください」の意味です。
●ダルセーニョ・アル・コーダ(D.S. al Coda) 「ダルセーニョに戻った後は、コーダで終わって下さい」の意味です。

楽譜には、記号がたった一つではなく、様々な記号がありますがセットになっているものも多いので一緒に覚えちゃいましょう(*^_^*)

あわせて読みたい
ダカーポ(D.C)の音楽記号の意味は?楽譜上の表記はなに?
ダカーポ(D.C)の音楽記号の意味は?楽譜上の表記はなに?ダカーポ(D.C)の音楽記号の意味は?楽譜上の表記はなに?音楽記号のダ・カーポ(D.C)がどんな役割か知ってますか?これが分かると更に音...

コーダ(coda)の発祥はイタリア語?スペイン語?

コーダ(coda)の音楽記号の意味とは?発祥はイタリア語・スペイン語どっち?

コーダの発祥はイタリアだと言われています。

元来は「尾」や「しっぽ」を意味する語です。もともとはラテン語のcaudaに由来しています。

コーダ(coda)はヴィーデ(vide)と同じ意味として使われることもあります。コーダ(coda)のほうがポピュラー音楽でよく使われます。

ヴィーデ(vide)は「見よ」と意味します。

コーダマークをヴィーデと読むこともあります。もともとは先にヴィーデマークがあったら、もう一つを探してそちらを「見よ」と言う意味がありました。

コーダとヴィーデはもともとは全く別の概念を持った記号でした。今では記号が同じなので使い方はコーダ(coda)と同じように使います。

ちなみに「vide」はvideoの語源になった言葉です。

わたしは楽譜が読めないので音楽の授業が苦手だったんですが、こうやって調べてみるとあまり難しくないなあと感じました(^^♪

今からでも何かやってみようかな、なんて思ったり♪いろいろ覚えられると苦手なものも興味がわいてきますね☆

ぬまくん
ぬまくん

コーダは「結尾に飛ぶ」っていう意味があるんだね!

いろいろな記号をもっと知りたいわん!

くろちゃん
くろちゃん
また教えてあげるにゃん☆

あわせて読みたい
アダージョの意味とは?バレエの音楽用語?発祥はフランス語・イタリア語どっち?
アダージョの意味とは?バレエの音楽用語?発祥はフランス語・イタリア語どっち?アダージョの意味とは?バレエの音楽用語?発祥はフランス語・イタリア語どっち?音楽用語として使われているアダージョ!バレエでも使われるって...
あわせて読みたい
ラルゴの意味とは?英語・イタリア語・フランス語どれが発祥の音楽用語?
ラルゴの意味とは?英語・イタリア語・フランス語どれが発祥の音楽用語?ラルゴの意味とは?英語・イタリア語・フランス語どれが発祥の音楽用語?ラルゴって音楽用語あまり聞きなれないですよね。そもそもラルゴって英語...