Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
気になる言葉

パトロンの意味とは?女性が使う言葉?英語・フランス語どっちが語源?

パトロンの意味とは?女性が使う言葉?英語・フランス語どっちが語源?
 

パトロンの意味とは?女性が使う言葉?英語・フランス語どっちが語源?パトロンの意味って?本来のパトロンは芸術家の支援者のこと!?パトロンは英語・フランス語のどっちが語源なの?パトロンは女性が使うイメージの言葉!?あなたもパトロンになれるかも?パトロンについて簡単に説明します!

ぬまくん
ぬまくん
この前お散歩をしていたら、かわいい女の子たちから「ぬまくんのパトロンになりたい~♡」って言われたんだけど、どういう意味なんだわん?
くろちゃん
くろちゃん
ぬまくんはモテるんだにゃん…今日は、「パトロン」について教えてあげるにゃん!

パトロンの意味とは?

パトロンの意味とは?女性が使う言葉?英語・フランス語どっちが語源?

パトロンが欲しい~」と、よく女子大生が話しているイメージです(偏見)

 

パトロン」と聞くと、若い女性に男性が貢いでいる姿を想像してしまい、なんとなく怪しい印象です。

 

本来の「パトロン」とは、どういう意味なのでしょうか(-“-;)??

 

今日は、「パトロン」について解説していきます(o^^o)

 

パトロンとは?

英語で「patron」。

①特定の芸術家や芸人・団体などを経済的に支援し、後ろ盾となる人。

②異性に対して経済的な援助や、保証を与えている人。

 

パトロン(patron)は、後援者・支援者・保護者・特権を持つ人・財政支援をする人などと訳され、二つの意味があります。

 

一つ目は、芸術家や芸能人に経済的な保証を与える後援者という意味。

二つ目は、異性にお金を出して経済的な援助を行い、生活の面倒を見る人という意味。

 

現代のパトロンは、金銭的援助だけではなく、パトロンの持っている人脈や影響力によって貢献する場合もあります。

 

女性が「パトロンが欲しい~」と言う場合は、②の資金援助をしてくれる父親のような存在という意味ですね。

 

しかしパトロンは、①の芸術家を経済的に支援するという意味での使い方が、本来の使い方です。

 

パトロンの歴史

芸術が職業として成り立つ以前は、才能はあるが経済的に困窮している芸術家はパトロンという有力者の存在が必要でした。

 

ルネサンス期のイタリアの大富豪であるメディチ家が特に有名です。

メディチ家は、ミケランジェロやモーツアルト、レオナルド・ダ・ヴィンチをパトロンとして支えていました。

 

またイギリスでは、エリザベス朝から18世紀まで、王室や貴族がパトロンとなり、詩壇・劇壇の繁栄を維持しました。

 

歴史上の多くの教会や建造物、コレクションなどは、王侯貴族や大金持ちの商人というパトロンによって支えられたのです。

 

18世紀にようやく、文学者たちが自立できるようになってきて、職業化の道を歩み始めました。

 

世の中には、スポーツや芸術の分野で優れた能力を持っている人はたくさんいます。

でも、お金も人脈もなければ、本人がいくら努力しようとどうしようもありませんね。

現代でも、その才能を認めて賛同し、資金を提供する「パトロン」は存在しているのです。

パトロンは英語・フランス語どっちが語源?

パトロンの意味とは?女性が使う言葉?英語・フランス語どっちが語源?

パトロンは、英語で「patronですが、ラテン語で「父」という意味の「パテル/pater」に由来する、同じくラテン語の「パトロヌス/patronus」が語源です。

 

パトロヌス/patronus」は、「父のような人」「主人・雇い主」「客に利益を与える者」という意味です。

 

パトロヌスは、古代ローマにおいて存在した私的な庇護関係における保護者を指していました。

 

クリエンテスに対して法的・財政的・政治的援助を与えたのがパトロヌスだったのです。

クリエンテスとは、ラテン語で「被保護者」の意味で、パトロヌスの対の存在です。

 

この役割から、「保護者」という意味の「パトロン」が生まれました。

 

パトロンと同様の意味を持つフランス語に「メセーヌ/ mécène」があります。

 

パトロンの語源は、英語でもフランス語でもなく、ラテン語なんですね(σ・∀・。)

 

ぬまくん
ぬまくん
あーあ、どこかにぼくを養ってくれる「スポンサー」がいないかわん…
くろちゃん
くろちゃん
ぬまくんを養っても何の得にもならないにゃん…そしてその場合は、「パトロン」を使うんだにゃん!
ぬまくん
ぬまくん
「パトロン」と「スポンサー」は、両方とも経済的に支援する人だわん!どう違うのかわん?
くろちゃん
くろちゃん
「パトロン」は芸術家や女性を援助する人だけど、「スポンサー」はお金を出す人や企業の名前を宣伝するためのPRなんだにゃん!
ぬまくん
ぬまくん
ぼくがお金をもらって企業のロゴが入った服を着てお散歩に行けば、それは「パトロン」ではなく「スポンサー」になるってことだわん!

パトロンは女性が使う言葉?

パトロンの意味とは?女性が使う言葉?英語・フランス語どっちが語源?

女性のパトロン」というと、父親ではないが、父親のような役割で経済的援助をしてくれる人という意味です。

豪華なランチやディナーに連れて行ってもらったり、ブランド物を買ってくれたりする存在ですね。

 

若い女性がお金持ちの男性をパトロンにするというイメージですが、女性が男性のパトロンになる場合もあります。

 

ぬまくん
ぬまくん
「パトロン」と「愛人」は違うのかわん?
くろちゃん
くろちゃん
「愛人」は金銭的援助の見返りに肉体関係を求めるもので、「パトロン」は性的関係がないんだにゃん!
ぬまくん
ぬまくん
「パトロン」は、「パパ活」に近いんだわん!

 

パトロンは、他の業界でも使われていますので紹介します!

  • お店の常連客、お得意様

    毎日のようにお店に通って、お店を支える人のことですね。
    お店では、お客様がお金を払わないと、商売が成り立ちません。
    継続的にお店に立ち寄って、結果として経済的支援をしてくれる人という意味で、「パトロン」が使われます。

 

  • 慈善団体、福祉団体

    非営利団体では、影響力の大きな人物を団体の「パトロン」とすることがあります。
    これは、パトロンの人脈とカリスマ性で団体に信用を与え、資金調達や政策の影響を広めることが目的です。

 

パトロンは、女性が使う言葉という印象が強いですが、男性が使う場合もありますし、他にも色々な業界で使われているんですね(・∀・)

 

パトロンについて、いかがでしたか?

最近では、インターネットのサイト上で低価格から始められるパトロンサービスもあります。

これから才能が開花すると思った人に資金援助をしても良いかもしれませんね!

 

ぬまくん
ぬまくん
ぼくにはお金がないから、パトロンにはなれそうにないんだわん!だから、パトロンを探すことにするわん!
くろちゃん
くろちゃん
真面目に働くという選択肢はないのかにゃん…?
あわせて読みたい
ブラフの意味とは?人狼やポーカーで使う?語源やビジネスでの使い方も!
ブラフの意味とは?人狼やポーカーで使う?語源やビジネスでの使い方も!ブラフの意味とは?人狼やポーカーで使う?語源やビジネスでの使い方も!ブラフの意味って?ブラフの語源はオランダ語と英語?ブラフは人狼やポー...
あわせて読みたい
イノセントの意味とは?英語?悪い意味やイノセンスとの違いも!
イノセントの意味とは?英語?悪い意味やイノセンスとの違いも!イノセントの意味とは?英語?悪い意味やイノセンスとの違いも!イノセントの意味って?イノセントは英語なの?イノセントワールドやイノセントラ...