Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ちょっと難しい言葉辞典

布石の意味とは?類語や使い方/例文は?伏線との違いや語源も調査!

布石の意味とは?類語や使い方/例文は?伏線との違いや語源も調査!
 

布石の意味とは?類語や使い方/例文は?伏線との違いや語源も調査!布石の意味とは?布石の類語はあるの?布石の語源は囲碁用語!?布石は打つもの?それとも投げるもの?布石の使い方を例文で紹介!布石と伏線の違いも調査!将来への布石を打つために布石の使い方をマスターしよう!

 

ぬまくん
ぬまくん
お友達と囲碁をしたんだけど、序盤からすでに負けが見えていたんだわん…結果はボロ負けだったわん…
くろちゃん
くろちゃん
まさに「布石を打つ」ことができなかったってわけにゃん!今日は、「布石」について教えてあげるにゃん!

 

布石の意味や類語は?

布石の意味とは?類語や使い方/例文は?伏線との違いや語源も調査!

布石」は、政治・経済を中心に、一般でも使われていますね。

日常用語というより、ビジネス用語かもしれません。

 

「今後の昇進の布石になるように、ここは印象を良くしておこう」

「将来政界入りをするために、布石を打っておいた」

のように使いますが、どういう意味なのでしょうか(゚ー゚;A

 

今日は、「布石」について解説していきます(*´▽`*)

 

布石(ふせき)とは?

①碁で、対局の初めの段階における石の並べ方。

囲碁で、序盤に全局的な構想に立って石を置くこと。

 

②将来に備えて配置しておくこと。

将来のためにあらかじめ整えておく手はず。

 

布石の類語

防止策、対策、予防策、措置、

手を打つ、対処、手立て、

手を回す、対応、先手

などが挙げられます。

 

今後の展開を読んで先回りした一手を打つのは、ビジネスシーンでは大事ですね。

 

布石(ぬのいし)と読むと?

 

布石は「ぬのいし」とも読みます。

その場合は、建築用語の別の意味になります。

 

①道に沿うなどして、土台下などに長く敷いた石

②布石敷として用いる石

 

布石の語源を調査!

布石の意味とは?類語や使い方/例文は?伏線との違いや語源も調査!

布石の語源は囲碁用語で、「囲碁の序盤戦での要所要所への石の配置」のことです。

 

」は「碁石」のこと。

」は「敷く、配置する」のこと。

布石」は、漢字の通り「石を布く(いしをしく)」で、「囲碁の盤上に石を配置していく」という意味です。

 

昔は、1局の碁を序盤・中盤・終盤の3段階に分けて、「石立・分れ・固め」と呼んでいました。

 

布石はその石立(いしだて)にあたり、起手から中盤戦が展開するところまでを指します。

手数は一定しませんが、40手から50手程度が普通です。

 

つまり布石は、これからどういう構想を持って打ち進めていくかの作戦を表す、いわば土台作りの段階です。

 

今では、布石は「序盤戦での打ち方(勝負の土台作り)」という意味で、色々な場面で広く使われます。

 

布石は、囲碁用語の意味が転じた言葉だったんですね!

 

ぬまくん
ぬまくん
囲碁が上手になりたいわん!平安時代の天才棋士の霊が降りてこないかなぁ…だわん!
くろちゃん
くろちゃん
漫画やアニメじゃないんだから、地道に覚えるにゃん…

 

布石の使い方(例文)は?

布石の意味とは?類語や使い方/例文は?伏線との違いや語源も調査!

布石」は、「将来のための準備」という意味でしたね。

 

布石は囲碁から来ているので、「布石を打つ」の言い回しで使われることが多いです。

 

布石を打つとは?

①囲碁で、序盤に全体の局面を見据えて石を打つこと

②転じて、将来を見越して、あらかじめ手段を講じておくこと

 

では、さっそく布石の使い方を見ていきましょう!

 

布石の例文

「志望校に合格するために早めに布石を打つ」

「このことは後の同盟結成への布石となった」

「それは今後の布石となる出来事だった」

「独立起業できるよう、今のうちに布石を打っておいた」

「この投資は、次期社長になるための布石だ」

「ここ一番という勝負所へ向けた布石だったのだ」

「つらい経験は将来への布石となるだろう」

 

布石とは、勝利を手に入れたい!成功したい!というときに前もって打つものなんですね!

 

布石を投じるは誤用

 

「布石を投じる」と使われる場合があります。

一石を投じる」という慣用句があるため、混同されやすいです。

 

囲碁の碁石は投げるものではありません!!

なので、「布石を投じる」は間違った使い方になります。

 

ちなみに、囲碁・将棋では、「終局にならないうちに負けが明らかになったとき、自分の持っている石または駒を盤上に置き負けを認めること」を「投了」と言います。

 

「布石を投げる」という表現は「負け」のイメージなのです。

 

ぬまくん
ぬまくん
「布石を敷く/残す/作る/踏む/置く」は正しい日本語かわん?
くろちゃん
くろちゃん
元々囲碁用語だったことを考えると、不適切だにゃん!

 

布石と伏線の違いは?

布石の意味とは?類語や使い方/例文は?伏線との違いや語源も調査!

「新しいビジネスを成功させるために布石を打つ」

伏線が張りめぐらされたミステリー小説を読んだ」

 

布石伏線は、どちらも今後の展開のために今何かをするというイメージですね。

 

まず、伏線の意味からみていきましょう。

 

伏線とは?

あとで述べることのためにあらかじめほのめかしておく、話の筋。

小説などで、後の展開に備えてそれに関連する事柄をほのめかしておくこと。

 

伏線は、事件が起こったり、事件が解決したりしたときに、「あれはこのことだったのか!」と後から分かる内容のことです。

 

物語(小説・ドラマ・マンガなど)では、初期に伏線を張る、終盤に伏線を回収すると使います。

 

初期からラストの構想が練られているストーリーは読んでいて特に面白いです。

よく推理小説やサスペンスドラマの感想で「あの場面の巧妙な伏線には感心した」と書かれていますね。

 

布石伏線の違いは以下のようになります。

布石:将来に計画通り物事を進めるための準備事業やプランに使う。

伏線:この先の展開の予告をほのめかすもの物語のみに使う。

 

布石について、いかがでしたか?

未来のために布石を打てるよう行動してみましょう!

 

 

 

ぬまくん
ぬまくん
次はお友達に勝てるように、布石を打つんだわん!
くろちゃん
くろちゃん
囲碁のお勉強頑張ってにゃん♪
あわせて読みたい
示唆の意味とは?類語や読み方・使い方(例文付き)は?暗示との違いも!
示唆の意味とは?類語や読み方・使い方(例文付き)は?暗示との違いも!示唆の意味とは?類語や読み方・使い方(例文付き)は?暗示との違いも!示唆の意味や読み方は?示唆の類語はあるの?示唆と暗示はニュアンスが似...
あわせて読みたい
失念の意味や読み方とは?使い方(例文)や英語は?忘却・忘れるとの違いも!
失念の意味や読み方とは?使い方(例文)や英語は?忘却・忘れるとの違いも!失念の意味や読み方とは?使い方(例文)や英語は?忘却・忘れるとの違いも!失念の意味や読み方は?英語ではなんていうの?失念の使い方は?間違...